『KŪKAI』第4号が発売!

目次

『KŪKAI』第4号が全国書店・アマゾン等で発売!

本日10月27日、『KŪKAI』第4号が発売しました。表紙は国宝・八大童子立像の制多迦(せいたか)童子。仏師・運慶(うんけい)作です。そして、現在開催中の霊宝館開館100周年記念大宝蔵展に合わせ、巻頭24ページにわたる大特集を組んでいます。不動堂(国宝)の元本尊である不動明王坐像(重要文化財)とともに、八大童子立像(国宝)すべてを掲載しています。

もう一つの特集グラフが、金剛峯寺のご本尊である弘法大師坐像。撮影はもちろん、なかなかご開帳されない秘仏を、今回は特別な許可をいただき、誌面にて掲載させていただきました。今号は第2号の奥之院、第3号の壇上伽藍に続き、金剛峯寺のガイドページも掲載。千住博画伯奉納の金剛峯寺障屏画「瀧図」「断崖図」も10ページにわたり紹介しています。

また、予告でお伝えした企画「弘法大師・空海が本当に伝えたかったこと」では、先行きが見えにくい現在だからこそ、私たちが今後どのように生きていけばよいのかのヒントを、弘法大師の言葉や密教の教えから考察しています。

『KŪKAI』第4号は全国の書店をはじめ、高野山(金剛峯寺売店、大師教会、霊宝館)などで発売中。お近くの書店にない場合は、アマゾン、楽天ブックス等でご購入ください。

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4866460695
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16935796

表紙
シェアする
目次
閉じる